イベントの年齢層

イベントの年齢層

イベントの年齢層 旧車會のイベントの年齢層はかつての暴走族と異なり高いのが特徴で、20代や30代だけでなく40代以上の人たちも大勢参加しています。
1960年代から1980年代頃にかけて製造・販売されていたオートバイは、プレミアが付いて高値で取引されているのが現状です。
車種によっては300万円以上するものもあり、以前の暴走族のような中学生や高校生がアルバイトをして購入できる金額ではなくなってきています。
旧車會に参加している人たちは基本的に定職があって一定の収入を得ており、普段は会社員などとして働いていますが休日の昼間などに集まって走行します。
日本各地で旧車會の数や参加人数は増え続けていて、多くのチームが集まったイベントなども開催されています。
参加者は20代以上の大人が多いのが特徴ですが、かつて暴走族のメンバーで現在は引退して子供を連れて催しに参加するケースも見られます。
日本各地で開催される催しではコールやウイリーの技術を競い合うコンテストなどが行われており、参加者たちは年齢を問わず楽しんでいます。

旧車會イベントはマナーを守って楽しみましょう

旧車會イベントはマナーを守って楽しみましょう 旧車會は旧車好きが集い、ツーリングや各種イベントを楽しむためのグループです。
一部のグループによっては派手でマナーのない活動をするところもありますが、大半が一定のルールのもと活動されています。
しかし、悪いイメージが先行してしまうと旧車會自体のイメージも悪くなってしまうため、マナーを厳守して活動することは大切です。
道路交通法を厳守することはもちろんですが、他人に迷惑となるような運転も避けなければなりません。
規模が大きなイベントになると、大人数が集い移動することもあります。
そのような時には、いつも以上に他人に気を配ることが重要です。
会場でも気の合う仲間との会話は弾むでしょうが、必要以上の大声などは慎むべきです。
近隣住民から苦情が出てしまうと、今後の活動に支障をきたすことが十分に考えられます。
大人数が集まると、つい気が大きくなってしまうものです。
いつも以上に爆音を出したり、危険な運転をするようなことがないようにしましょう。